カテゴリ:プライベート( 8 )

大浦荘の紅葉を見に行ったら…

f0040233_22502372.jpg麻生大浦荘特別公開
「筑豊御三家」の一つに数えられた麻生家の別邸で、現在は麻生グループのクラブとして利用されている「麻生大浦荘」が、昨年に引き続き紅葉のシーズンに合わせて11月23日(火)~30日(火)までの8日間、特別公開されていました。
今日は、パラグライダーが低飛行できる程、風もなく雲ひとつない快晴の穏やかなお天気だったので、
自宅にこもって仕事をしているのがもったいないと思い、
紅葉でも見に行こうと「麻生大浦荘」へ行ってみたら、
一般公開は昨日で終わり、邸内には入れなかったので、門外の紅葉を楽しんで帰りました。
木々に囲まれ、鳥の声と木々のざわめきしか聞こえない耳に心地よい空間でした。
あ~気持ち良かった~053.gif043.gif053.gif
f0040233_22522946.jpg
f0040233_22531265.jpg

[PR]
by musicvocal | 2010-12-01 22:57 | プライベート

与謝野晶子の世界 2010 最終回

11月27日 最終回、晶子の童話の世界。
「金魚のお使い」と「金ちゃん螢」を読みました。
どちらもファンタジー。
子どもの心がワクワクドキドキする内容で、いかにも創造性が育まれるだろうと感じさせるものです。
「金魚のお使い」は、金魚が電車に乗ってお使いに出るのです。
お話の中で、駅名、電車の乗り方など教えられます。
「金ちゃん螢」が掲載された雑誌『少女の友』M41.2の編集者・星野水裏氏は、
「螢のお尻」は全て「うしろ」と表現されている と感想を述べているそうです。
?うしろ? あ~納得!045.gif と少し考える瞬間が何とも楽しいではありませんか?
しかも「お尻→うしろ」 何て品のある表現でしょう。

晶子は、毎晩、子ども達を寝かしつける時に即興でお話を聞かせていたそうです。
それらの童話は、現在、和泉書院から「童話 金魚のお使い」与謝野晶子著として出版されています。

晶子は、男女の区別なく、一人の人間としての人格が平等に尊重されるべきという教育論を持っていたそうです。
そして、子ども達にはいつも自尊心を養うために正直で清潔で上品で立派な人間になりなさいと言っていたそうです。
また、自分の職業に誇りを持っている人は、立派な人間であるという考えでいたそうです。

後に晶子は、平塚らいてうと母性保護論争(子どもについて:その子自身のもの×国家のもの)を展開するそうです。
この母性保護論争については、12月4日と11日に特別講座があります。
この話も興味があるのですが、12月は出席できないな~残念(>_<)

おまけ:
最終回は、「花のれん」(田川郡川崎町)のおはぎをいただきながらの講座でした。
上品なお味で美味しかったです。
3個くらい食べたかったけど、ちょっとそれは恥かしくて1個で我慢しました028.gif
[PR]
by musicvocal | 2010-12-01 22:29 | プライベート

文化の日に

f0040233_2012370.jpg
近くの遠賀川河川敷を散歩中に撮った写真

透明な空気   澄んだ空   輝く太陽
今日は、一日気持ちの良いお天気でした 043.gif
[PR]
by musicvocal | 2010-11-03 20:10 | プライベート

与謝野晶子の世界 2010

f0040233_22145479.jpg
福智高等学校 日本文学講座
与謝野晶子の世界
 「女として、母としての昌子の行き方」
講師:皆川 晶
開講日:9月11日~11月27日(毎週土曜日12回開講) 午前10時~11時10分


晶子の作品については、確か中学生の頃、国語の授業で習ったくらいだったので、
この講座でより深く学べ、興味津々、嬉しい時間を過ごしています。
今日は、私が一番乗りで、教室に入るとお茶と和菓子の用意が… )^o^(
何と!皆川先生の粋な計らいで、和菓子を頂きながらの講座でした。
その和菓子、晶子の実家「駿河屋」の「笹づる最中」と「利久」。
香ばしい最中種に小倉と柚子の上品な餡を挟んでいただくので、歯ざわりも最高!
「駿河屋」は、1461年に「鶴屋」として創業、江戸時代に将軍家ご用達となった折に、
将軍から屋号を「駿河屋」と改名するよう薦められたそうです。

さらに今日は、澄んだ空に浮かんだ雲の姿が面白い秋晴れの気持ち良いお天気で、
すっごく得した気分の一日でした。
運転しながら空ばかり見ていて、追突しそうになったりして、ヒヤッとした瞬間もありましたが無事でした。

車を止めて撮影した雲の写真
f0040233_2231711.jpg

f0040233_2234660.jpg
f0040233_225334.jpg
f0040233_226393.jpg
f0040233_2212453.jpg

[PR]
by musicvocal | 2010-10-16 22:21 | プライベート

中学生日記 2010夏

毎年この頃、中学時代の同級生で飲み会をします068.gif
私が卒業した中学は、当時県下でも悪名高い有名校。
教室の様子は、班学習形態が取られ、机の配列は一列に並ばず
6~7名の班毎に机をくっつけた態勢で授業を受けていました。
同じ班の仲間が授業を抜け出していなくなると、
残っているその班の生徒は、探しに行くのです。
だからまともに授業を受けた記憶はなく、
探しに行った裏山で、アケビを取って食べたり、どつぼ(肥溜め)にハマってしまったり
そういう事だけが記憶にあります。

当時の担任の先生も大変ご苦労されたと思いますよ042.gif
その先生(美術)は、今年75歳。
先生の喜寿のお祝いに、先生の絵の個展を主催しようという話で盛り上がりました。
f0040233_10265466.jpg

35年ぶりに会った男子から
「俺、ずっとお前の事が好きやったっちゃん」と告白されびっくり005.gif
その彼は、お孫ちゃんもいる某会社の経営者。
中学時代は、ちっとも教室にいなかったのに、りっぱな社会人に成長していて
またまたびっくり005.gif

しかし、気づかないもんだね~鈍い私が悪いんだろうかね~
私といえば、いつも片想いばかりで、成立した恋ってなかったような気がするな~007.gif
でも 歌の世界でいっぱい恋愛しているから まあ それでいっかぁ058.gif
[PR]
by musicvocal | 2010-08-15 11:05 | プライベート

子どもの村 福岡 開村式

2010年4月24日 子どもの村 福岡 の開村式に出席してきました。
f0040233_21583644.jpg
f0040233_21585721.jpg
f0040233_21591730.jpg

日本で初めて子どもの村が設立された福岡市西区今津、全国の注目を集めています。
この今津地区、豊かな自然に恵まれた気持良い場所でした。
地域で収穫されたお野菜などをご近所さんが朝の散歩の途中で、子どもの村センターハウスの玄関に置いて行って下さるそうです。
このような素敵な環境で育つ子ども達と一緒に出来る事、考えていきたいと思います。
[PR]
by musicvocal | 2010-05-12 22:02 | プライベート

ひびきの村(シュタイナー)研修 2010

天国に一番近い島…じゃなくて大陸…たくさんの天使に出会いました032.gif
私はここで、友人4人と3月12日~14日までの間、特別セッションを受けました。
自分が正しいと思うことを(信じて)行えばいい」とシュタイナーは言っているそうです。
何だか勇気が出ますねヽ(^。^)ノ
f0040233_20475465.jpg

f0040233_1642390.jpg

f0040233_16425780.jpg

運よくミカエルカレッジ(Michael college) 自然と芸術と人智学を学ぶプログラムの受講生による発表と修了式に同席させて頂けました。
お礼に私は、独唱 (ラフマニノフのヴォカリーズ) しました。
ここでは、1年を通していろいろなセッション、レクチャー等が行われているようです。
詳しくは「ひびきの村」HPを見てください。
スタッフの方々が作って下さったひびきの村産食材の食事が美味しくて、豊かな気持ちになれました。
f0040233_16441244.jpg

f0040233_17173553.jpg
「ひびきの村」で心身ともに開放され癒されて、名残が尽きないまま伊達紋別を後にし、札幌へ。
3月15日(月) 時計台は、休館日でした。
f0040233_16505295.jpg

北海道庁正門 f0040233_1791830.jpg


爆笑仲間4人と道庁で記念撮影
f0040233_17111820.jpg

私が非常勤講師を務めさせていただいている九州大谷短大の東本願寺が札幌にありました。
f0040233_17152295.jpg

[PR]
by musicvocal | 2010-03-17 17:35 | プライベート

おはなし作りワークショップ

2009年9月19日~21日 ことばにする・ことばを紡ぐ ワークショップ に参加してきました。
場所:長崎県小値賀町野崎島
講師:山田真理子、岩橋由莉
主催:特定非営利活動法人 チャイルドライン「もしもしキモチ」

宿泊先は、五島列島の最北端の無人島。
人間より鹿の数が多い。人工音いっさいなし。聞こえるのは波の音、風の音、鹿、鳥、虫などの鳴き声といった自然界の音のみ。
山と海に囲まれた自然豊かな環境に心も身体も癒された2日間でした。

野首海岸
f0040233_23152882.jpg

野首海岸に昇る朝日
f0040233_23191952.jpg

旧野首教会と研修所
f0040233_23315683.jpg

日中の太陽
f0040233_23411180.jpg

研修宿泊所(旧小学校だった?)
f0040233_23202536.jpg

[PR]
by musicvocal | 2009-09-27 23:38 | プライベート