<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

近畿大学産業理工学部卒業式 ’08

平成9年4月11日 近畿大学九州工学部(現 近畿大学産業理工学部)入学式で国歌を無伴奏(アカペラ)で独唱して以来、現在まで、毎年入学式と卒業式には国歌を歌わせていただいています。
国旗同様、国歌も大変シンプルですが、無伴奏で歌うとなると難曲です。
今年度で10年間、私は近畿大学で国歌を20回歌った事になりますが、20回歌っても満足いく演奏はできません。だから、練習を欠かさず努力し続けられるのでしょう。何度歌っても満足できない悔しい思いが「頑張るぞ!」というエネルギーに変わります。
さて、今年の卒業式の感想を書きます。
式が始まる直前まで、学生達の弾んだ話し声でざわざわしていた体育館。
「只今より 平成19年度 近畿大学産業理工学部卒業証書授与式を行います。
国家独唱。皆様ご起立願います。」
と開式されるやいなや、
体育館に響き渡っていたざわめきが突然静まり返り、シーン。
その静寂の中、舞台中央で歌うのですから、こんなに怖い事はありません。
プロの演奏家としての自分を再認識する瞬間でもあります。
大学生活の最後に「君が代」独唱を聴こうという学生の真摯な態度に感激した私でした。
近畿大学の卒業生の皆さん、飯塚で過ごした学生生活の中で体験できた事と大学で研究した事を社会に生かして下さいね。
[PR]
by musicvocal | 2008-03-13 16:48 | コンサート