北九州シティ・オペラ公演「トスカ」G・P 2003年2月12日 九州厚生年金会館

<北九州シティ・オペラスタジオ>
昨年12月17日・18日、北九州シティ・オペラスタジオ始まって以来、13年の歳月を経て初のオペラ全幕公演が実現しました(演目;マスカーニ作曲「カヴァレリア・ルスティカーナ」解説付き原語上演、会場;北九州芸術劇場大ホール)。
オペラスタジオは、2年に1度のペースで「オペラハイライト」公演を行なってきた団体です。スタジオ公演が開催されない年の2年に1度は、北九州シティ・オペラ公演が開催されています。1993年より開催された演目は、「椿姫」「ドン・カルロ」「アイーダ」「ナブッコ」「トスカ」「仮面舞踏会」というグランドオペラばかりです。主役と指揮者はイタリア人を招聘、オーケストラは九州交響楽団、北九州シティ・オペラ管弦楽団ですから、1本のオペラ公演にかかる経費は何千万にもなります。人口約100万の地方都市でこのようなグランドオペラ公演がよく続いているものだと感心します。そのオペラ公演を影で支えてきた一関係者であるオペラスタジオは、10数年の下積みを経てようやく北九州シティ・オペラスタジオ主催による1本のオペラ公演を実現する事ができました。そしてオペラスタジオは、今年の10月には、北九州市主催による「子ども文化ふれあいフェスタ」で「ヘンゼルとグレーテル」を公演いたしますし、11月には「オペラハイライトコンサート」、2007年3月にはヴェルディ作曲「リゴレット」全幕公演予定です。
f0040233_175222.jpg

大屋省子HP
[PR]
by musicvocal | 2006-01-11 17:05 | コンサート
<< 「子どものためのドラマスクール」 イイヅカコスモスコモン主催「子... >>